転職 面接 ニュース

ニュースは転職の面接に必要か?

ニュース対策は転職の面接に必要か

転職,面接,ニュース

同じ就職活動における面接であっても新卒者と転職希望者ではとるべき対策がまるで異なります。これは企業側として採用する目的が異なるためであり、それを反映しているものといえます。新卒者は基本的には就労経験がなく、採用後に社内で育てるという目的があるため、学習能力の高さや幅広い知識や見識が求められます。一方で、経験を積んでいるはずの転職希望者には即戦力として働いてもらえることを求めます。 こういった観点から、通常問われる志望動機にしても転職者の場合には自分のキャリアを照らし合わせた具体性の高いものが求められますし、将来の具体的な展望についても見解を求められることがあります。一方で、新卒者のようにニュースで話題になった最近の時事問題について問われたりすることは、非常に近い企業の吸収合併であったり事故や災害の問題であったりしない限りはあまりありません。対策すべきはもっと具体的な業務内容に近い部分であり、ニュースを毎日詳しく調べて学んでおくというような対策をとる価値はそれほどありません。新卒者と転職者でのこういった面接の性質の違いを理解して準備を行い、時間を効率よく使って面接対策を立てるようにしましょう。 424

転職における面接のドタキャンについて

転職,面接,ニュース

転職試験の一次試験に合格し、面接まで進んだのに当日に会場に来ない、いわゆるドタキャンをする人がいます。この場合担当者だけでなく、他の受験者に対して悪影響を与えるのでできればやってほしくないものです。 ドタキャンをする理由は多々あると思います。 ひとつはほかの会社を受験しており、そちらの会社が合格したのでこちらの受験を取りやめた場合です。或いは、何らかの理由でこの会社に入社するのが嫌になったということもあります。その他ここに様々な理由があると思います。 しかし、社会人が仕事は人とのつきあいの上で行っていくものであり、そのつきあいの基本となるのが約束です。この約束をきちんと守れない人は、これから先どの仕事に転職したとしても人に信用されず、仕事を成功させることはできないと思います。面接の時点でそれがわかるということでは、担当者はむしろ喜んでいる部分もあるかもしれません。自分は人との約束を守れない人間である、都合が悪くなると黙って逃げる人間であることをこの段階で証明していることになるのです。また、もしほかの会社に入社したとしても、他社に対してこのような態度を取ったことがあるとわかった場合には良いイメージを持たれず、仕事に影響してくることもないとは言い切れません。 425
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
426